過去のラン

一般社団法人 ピリカ


FIT2020の支援先団体であるピリカは世界的に脅威となっているごみの自然界流出問題の解決に取り組んでいます。既存のサービスやプロダクトを活用した教育プログラムを開発し、プラスチック流出問題解決に向けた環境教育と意識啓発を行っています。代表の小嶌 不二夫氏さんにお話を伺いました。

さんの経歴と、ピリカを始めたきっかけを教えてください。
7歳の時、図書館で環境問題についての本を見つけ、それは人類にとって大きな問題だと思いました。私はこの問題に怯え、このような問題を解決したいと思いました。そのために研究者を目指し、機械工学とエネルギー資源を専攻し、大学と大学院に行きました。しかし、リサーチは問題解決の一端に過ぎないことが分かり、どのような問題に取り組むべきかを見つけるために、世界一周の旅をすることにしました。私はアフリカの砂漠やブラジルのアマゾンジャングルにも行きましたが、どの国もどの都市もごみ問題を抱えていました。ごみはとても小さいですが、世界中で大きな問題になっています。日本に戻り、大学のパソコンを使ってピリカのスタートアップに取り掛かりました。教授は、廃棄物問題が私の専攻とは全く違うテーマであることに不満を持っており、結局、私は大学院を中退し、東京に引っ越して会社を始めました。

ごみの問題にITを利用するというアイデアは、どのようにして思いついたのですか
Pirikaを始める前、私にはソフトウェア開発のための技術関連スキルがありませんでした。しかし、世界旅行に行った時、写真を撮ると自動的に位置が地図に記録されてピンが表示される機能があるiPhoneを持っていました。訪問したすべての場所が保存されました。これに気付いた私は、地図上にこれらの位置ピンを表示するために写真を撮り始めました。このようなゲーミフィケーションやモチベーションによって、人々は行動を起こし、行動を変えることができる。同じようなゲーミフィケーションでごみを拾ってもらいたかったのです。だからこそ、私のアイデアややりたいことに対して、ソフトウェアやIT技術が非常に役立ちました。

立ち上げに向けて最も困難で困難なことは何でしたか
お金を稼ぐのが大変で、プロジェクトを実施するのは難しかったです。このごみの問題を解決するには教育がとても重要です。さまざまな団体からの助成金は、資金の使途に多くの制約があります。FIT資金は自由に使うことができ、いろいろなことに挑戦したり、思いがけないアイデアを出したりするのに必要でした。特に私たちのようなスタートアップにとって重要なことです。

FIT資金の使途について教えてください。
FITの資金は、教育プログラムの開発に使用します。アプリケーションをより楽しく、使いやすく、理解しやすいものにしたいと考えています。ゲーミフィケーションのプロセスが必要です。
FITと協力する前に、政府や研究者などの専門家向けにアプリケーションを開発しました。しかし、それは教育に使うのは少し難しかったです。そのため、学生向けのアプリケーションやマニュアルを再作成し、理解しやすくしました。
また、授業や授業の企画、一部の大学や高校との連携にも利用されています。また、横浜のサッカーチームと協力し、環境問題についての教育を行っています。

ここ数年で国民の意識は変わったと思いますか?
そう思います、今は変わってきています。私は日本の田舎に生まれましたが、そこには工場も建物もなく、空気も水もきれいでした。私にとって最大の驚きの一つは、ベトナムに滞在していた時でした。大気汚染のため、ホーチミンでは誰もがマスクをしなければならない。彼らはこの状況で生まれたので、それは彼らにとっては日常となっていたのです。この瞬間、私は教育がとても重要だと感じました。私は世界的な問題を解決するためにピリカを始めたのでブラジルや他の多くの国からインスピレーションを受け、事業の拡大を目指し、国連環境計画や東南アジアのリサーチとも連携を始めました。当社の技術を使って調査を行い、マイクロプラスチックの発生源を見つけます。


一般社団法人 ピリカ
https://sns.pirika.org/



2020

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

2012

2011

2010

2009

2008

2007

2006

2005